もったいないものを
余すことなく使うものづくり

未利用、低価値、地域にはそんな状態の資源がたくさん存在する。
”そこにしかないもの”にしか光が当たりにくい時代だけど、”どこにでもあるもの”にも価値はある。
大量生産大量消費ではなく、余っている分だけ、できた分だけ。ある時期にしか生産できないことで感じる季節感。
そんな価値を大切にして、あたらな資源を余すことなく活用する。
ものづくりの一つの在り方として、それが当たり前になる社会を想い描いて。

About Atara

「Atara」とは
その意味と名前に込めたその想いについて

Ataraについて

Atara Vision

私たちが思い描くこと
Ataraを通して描く未来像について

Ataraのビジョン

Atara Product

Ataraから誕生した作品
使用した原料と完成までの背景について

Ataraの作品