Collaboration

ATARA TSUTSUMU 90*90

ATARAのTSUTSUMU製作でお世話になったKURAKINを運営される艶金様とは、「もったいない」で繋がったご縁です。

艶金様Webページはこちらから。

艶金様、そしてATARAを運営するリマテック東北の親会社であるリマテックホールディングスは、ともに脱炭素経営の取組みを進めており、中小企業版のSBT認定を受けていることから、今後「もったいない」からのつながりを強化していくこととなりました。

・「もったいない」状態の資源を少しでも有効活用すること。

・ 脱炭素経営を進めていくこと。

まずは上記内容から情報交換を含めた取組みを開始し、今後の活動につなげていきたいと考えています。

今後の活動はSNSおよびこちらのサイトでお知らせしてまいります。

SBTとは?

Science Based Targetsの略で、パリ協定(世界の気温上昇を産業革命前より2℃を十分に下回る水準(Well Below 2℃)に抑え、また1.5℃に抑えることを目指すもの)が求める水準と整合した、5年~15年先を目標年として企業が設定する、温室効果ガス排出削減目標のことです。

環境省のグリーン・バリューチェーンプラットフォームより引用 https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/intr_trends.html

これまでの取組みの経緯は、環境省グリーン・バリューチェーンプラットフォームの、中小企業版SBT・RE100取組み事例2018年度 https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/case_smpl_chusho_2018.html にも偶然だったのですが、並んで掲載されています。

そして、上記取組から発展して、SBTの認定を受けるに至っています。

詳細は、 下記サイトをご参照ください。

Science Based Targets webサイト https://sciencebasedtargets.org/     

日本の認定企業一覧 https://sciencebasedtargets.org/companies-taking-action?country=Japan#table