Lavender

Lavender

リアスのラベンダー畑に 行った気分を味わえる ルームスプレー

ハーブの女王とも呼ばれる癒しのフローラル系の香りが人気のハーブ「ラベンダー」

弊社の本社所在地でもある岩手県大船渡市には、末崎町の碁石海岸近くには敷地面積約2,500平方メートル、7,000株のラベンダー畑が広がっております。

2011年3月11日の東日本大震災後、こちらの畑では毎年7月にラベンダー摘み取り会が開催され、多くのファンでにぎわいます。
震災から10年を迎え、市の管理事業として終了することが決まり、2021年度は『末崎町ラベンダー畑保存会』様が畑を引き継がれて活動されることになりました。

震災で甚大なダメージを受けた大船渡市の復興のシンボルの一部でもあるこの畑を2021年以降もこれまで通り維持するために立ち上げられました。

そして今年も摘み取り会は無事開催され、今年は摘み取り会が終わった後も約1ヶ月間、ラベンダーを畑で見て楽しめるようにされていました。

ここまでの話ではまったく未利用資源・低価値資源とは感じないと思いますが、今年は畑で花が開いた後もラベンダーを観賞できたことから、残ったラベンダーは8月上旬には一気に刈り取り、焼却処分となることが分かりました。

摘み取り会で残った分ということもあって数量こそ少ないものの、その価値は震災の復興シンボルとしての位置付けであったり、余すことなく使うといったATARAの考えに当てはまる原料であると捉えます。それとこちらのラベンダーは無農薬・有機栽培、愛情込めて育てられています!

そこで保存会様のご協力の元、摘み取り会が終わった後に当社の社員が摘み取りに伺ったり、保存会の皆様に取り置きのご協力をいただいたりと、原料として買い取りさせていただき、ATARAにおいて精油と蒸留水を作り上げることが出来ました。

大船渡のラベンダーから作られた精油と蒸留水によって作られたこのルームスプレーは、大船渡のラベンダー畑で香った香りそのままで、まるで現地にいるかのような気分を味わる、、と思っております。

この香りを体験して、ぜひ大船渡のラベンダーに思いをはせてください。

こちらの商品をお買い上げいただくことで、地域資源の有効活用につなげていきたいと考えています。

また、商品は手仕事品で、消費期限を長くするために基本的にお買い上げいただいてからお作りいたします。

  • ラベンダー蒸留水(大船渡産)
  • エタノール
  • 精油(ラベンダー(大船渡産)濃度:2%